マイニングとは? 採掘に必要なマシンについて

マイニングという方法

ビットコインはインターネット上で流通している仮想通貨です。手に入れるためには取引所などで現実のお金と交換するのが一般的な方法ですが、そのシステム上未発見のコインも存在しており、これらを発見することでも手に入れることができます。この未発見のコインを手に入れる行為がマイニング、採掘などと呼ばれる行為です。
ビットコインは理論上の上限値があり、それらを発見するためには専用のマシンを使って発見が可能です。操作そのものはソフトウェアが勝手に行ってくれるので、ほとんど手間は必要ありませんが、一方ですでに多くのビットコインが流通している現代ではマイニングするためにはそれなりの性能のあるマシンが求められます。
普通のパソコンでも行うことができますが、採掘できる量は極めて小さいため費用対効果で見ると現実的ではありません。それでも複数のマシンと共同で作業することで採掘を効率化させるサービスを提供しているところもあります。
一方で投資として本格的に行っている人も多く存在しており、そのような場合にはマイニング特化した専用マシンを用意して行っています。

マイニングで発見した通貨を有効にする

ビットコインをマイニングによって発見することはパソコンがあれば誰でも簡単に行うことができます。一方で発見したビットコインは発見したことを宣言することで有効となります。
これはビットコインにはコインひとつひとつに符号があり、それらを管理しているサーバの台帳に記載されることによって仮想通貨として認められるというものです。
マイニングではまだ未発見の符号を発見する行為といえ、多くのビットコインが流通している現代では、残りのわずかなビットコインを発見するために膨大な計算が必要になります。以前は家庭用のパソコンでもある程度のビットコインを発見することができましたが、この膨大な計算の必要から現代では専用のマシンを用いなければ、費用対効果を得られない状態になっています。特に低性能なマシンであれば、電気代の方が高くなるため、マイニングをするためには高性能なマシンを導入することが求められています。
またビットコインはその時々によって価値が変動するためビットコインで利益を得る場合には交換レートであるBTCquotesを見ながら換金のタイミングを見計らう必要があります。