イーサリアムはビットコインよりも新しい技術の仮想通貨

イーサリアムは人気を誇る

ビットコインといえば仮想通貨としてかなり有名な商品です。現実のお金とは違い物自体がないのですが、多くのサービスで利用できます。そんな仮想通貨市場では新たな商品としてイーサムリアが登場しているのです。
これはビットコインに次ぐ話題の通貨であって、時価総額が非常に高いのが特徴となっています。2017年の6月で2兆3500億円の規模を誇っているため、ビットコインに負けず劣らずの強さです。
独特の通貨イーサを導入し、スマートコントラクトを利用した柔軟性の高い仮想通貨が魅力といえます。契約をするときには中間機関がなく自動執行する、プルーフオブワークによる採掘できる特徴も持つのです。とくにスマートコントラクトはイーサリアム独自の技術で、契約内容をネットワーク上に保存してくれます。
またビットコインでおなじみのブロックチェーンの暗号化技術ですが、イーサリアムなら同時に契約内容まで管理してくれるのです。情報を保存することで過去の情報から信用度を確認できます。ネットワーク上でいつでも内容の精査や監査ができるので信頼性の高い人間かどうかもわかるのです。
安心して取引ができるイーサリアムは今後多くの方に使われていくでしょう。

ビットコインの性質に契約の情報(スマートコントラクト)を付加したイーサリアム

Ethereumの取引所は日本でも用意されていて上場企業が行っています。これから投資を行いたいのであれば、利用してみる価値は十分にあるでしょう。今はイーサ(ETH)やBTCの価格がリアルタイムで確認できるため、投資もしやすくなりました。
投資をするのであればその前にEthereumのスマートコントラクトを詳しく知っておくと良いです。取引プロセスを自動化できるといってもちょっとわかりにくいと感じる方もいるでしょう。簡単に説明するとAくんがBくんに30万円のイーサを振り込みたいとき、その行動を自動で行ってくれるものです。
一般的に銀行振込では銀行を介す必要があるため手数料が発生します。しかし中間業者のいないイーサリアムはコストが安いです。また取引は時系列で残っていくので、過去を振り返る不審な動きが無いのかもチェック可能となっています。
ビットコイン同様ウォレットを作って利用しますが、イーサリアムのものは開発が進歩して使いやすいです。ログファイル生成や、送ったときの時価が記録されるシステムも採用しています。どんどん進化していくイーサリアムはこれからも目が離せないといえるでしょう。