ビットコインを自動売買してくれるソフトの導入方法

ビットコインのシステムトレーディング

法定通貨の為替取引であるFXにおいては、投資家がチャートを見ながら売買を行うのではなくソフトウェアのプログラムが売買タイミングを判断し、自動売買を行うシステムトレーディングが一般化しています。
システムトレーディングで利用するソフトウェアはMT4が圧倒的なシェアを得ていますが、最近になってMT4を利用できるビットコイン取引所が増えてきました。つまり、ビットコイン取引でもシステムトレーディングを行う環境が整ったのです。

MT4の導入方法は非常に簡単で、取引所のウェブサイトからインストーラーをダウンロードし、通所のアプリケーションと同じようにインストール作業を行います。
そして、画面の指示に従って初期設定を済ませれば完了するのです。
初期設定にはログインIDやパスワードの設定、さらにサーバーの選択がありますが、ビットコイン取引所で指定された設定があるためそのまま使うことができます。セキュリティを考慮すると、パスワードは定期邸に変更することがおすすめです。

ログインしたら、チャートを見やすいように変更しましょう。MT4は自由度の高さが特徴で、好みに合わせてチャートの配置を変更できるのです。

ビットコインの取引が便利に!自動売買ソフトによるトレードの結果はどう?

ビットコイン取引でシステムトレーディングが行えるMT4は、インストールしただけでは自動売買を行える状態になっていません。自動売買を行うためにはEAと呼ばれるプログラムを導入しなければならないのです。

EAはプログラムなので自作することも可能ですが、他のユーザーが作成したものをダウンロードすることも可能です。
EAを用意することができたらMT4のフォルダにコピーし、BTCチャートに適用します。するとプログラムが動作し、設定されている売買タイミングが訪れると自動的に注文を出してくれるのです。

しかし、ビットコイン取引においてEAによる自動売買で利益を出すことは簡単ではありません。公開されているEAは数が少ないことに加えて売買条件の設定が洗練されていないため利益が出るタイミングで注文を出せないのです。
そのため、利益を出すためには自分でEAを自作するしかありませんが、ビットコイン市場は相場の変動幅が大きいと言われるFXと比べてもさらに値動きが非常に激しく、適切なタイミングで注文を出すプログラムを書くことが難しいのです。

現状では、MT4による自動売買で利益を出すことは現実的ではありません。